【体験談】ズボラなアラサー女が8kg痩せた「ゆる糖質制限」のやり方

私が実際に行った「ゆる糖質制限」の食事内容を紹介します。
普通に食事制限をするより、お腹いっぱいになります。

しかも、1日の摂取カロリーの範囲内で間食もできます。
ある1日の食事内容はこんな感じです。

【朝食】

プロテイン
調整豆乳(200ml)
ブラックコーヒー(150ml)

プロテインは美容効果がとても優れているアサヒの「スリムアップスリム」
もう何年も前からお世話になっています。常に新しい味が出るので、密かに楽しみにしています。

これを飲んでいる時はお肌の調子が絶好調!!!ダイエットをしているのに、肌荒れするどころか、どんどんキレイになっていきます。

カフェラテ味、ショコラ味、ミルクティー味、抹茶ラテ味、黒糖きなこラテ味など、名前だけでも美味しそうで、女子が大好物なラインナップなのです。

本来は水で割って飲むことを推奨されてますが、私がオリジナルで考えた飲み方がけっこう美味しくてハマりました。

豆乳とブラックコーヒーで割る!

カフェラテ味がコーヒーよりの味になり、ブラックコーヒーなので甘さは変わらず、豆乳を入れることで少しまろやかになります。

まったり系が好きな人には是非お試し頂きたい飲み方です。

朝から350mlも飲むのでお腹もタポタポになり、これだけでお昼まで持ちますが、お腹が満たない時はローソンの低糖質シリーズを食べます。

【昼食】

ゆで卵
ブランパン
サラダチキン
スモークささみorスモークタン

お昼は糖質制限ダイエット中には定番のサラダチキンの登場です。
今はどこのコンビニでもだいたい置いてあります。

さすがに毎日食べていると飽きてくるので、スモークささみや、スモークタンなど日替わりで低糖質で高タンパクな食品を取り入れます。

ブランパンはその日によって甘い系だったり惣菜系にしたりしていました。
生理前などはほぼ毎日、ブランのパンケーキかブランのチョコロールでした。

おにぎりを食べていた時期もありましたが、おかずが欲しくなるので思い切っておにぎりは辞めました。

ゆで卵は自宅でも作るのですが、コンビニのゆで卵が一番美味しいと感じました。ほんのり塩味が付いているからだと思いますが、モサモサ感がなくとても食べやすかったです。

※お腹が満たない時は100~150kcal以内のお菓子を食べます。

【夕方の間食】

プロテインバー
ソイジョイ
おからだから

※その日の気分でこの中から1つをジムの前に食べます。

ジムの前はさすがにお腹が空いているので、軽くお腹を満たしてからジムに行くようにしていました。

カロリーや糖質量は気にせず、出来るだけタンパク質が摂れそうなおやつにしていました。

【運動後】

プロテイン
豆乳(200ml)

運動後45分以内がプロテイン摂取のゴールデンタイムと言われているので
ジムから帰宅後はすぐにプロテインを摂取します。

夕食前にプロテインを摂取することでドカ食いを防ぐこともできます。

【夕食】

納豆
チーズ
ブランパン2個

ノーマルなブランパンに納豆とチーズを乗せて食べます。
ズボラ飯ですが、ジムの後は夕飯の準備が億劫になってしまいます。これなら時短で簡単なのでオススメです。

※お腹が満たない時は低糖質ヨーグルトを食べることもあります。

基本的に平日はこのような食事をしていました。

これを見て分かる通り、私はズボラな人間なのでコンビニの食事で1日を済ませていることが多かったです。そして、間食もしていますし甘いモノも食べています。

平日のメニューは完全にパターン化していましたが、
土日の昼食には糖質制限中にNGとされる、カップラーメン、アイスクリームも食べていました。

週末は1日の摂取カロリーの範囲内で自分が食べたいものを食べ
息抜きをすることが重要なポイントです。

週末に糖質解禁日を作ることで「ゆる糖質制限」を続けることが出来たのだと思います。

私の性格上、糖質を完全に断つことは出来ません。なので、ストレスを溜めることなく出来る「ゆる糖質制限」が向いていたのだと思います。

私は実際にこの方法を続けたところ4ヵ月でマイナス8kgの減量に成功しました。

私のようにズボラな人や糖質は完全に辞められないという人に是非とも試して頂きたい方法です。